Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。
    0 0

    20代前半の方で、数年前に他院で全切開法による二重まぶたの手術を受けたのですが、幅が広すぎて自分には似合わず、傷跡も目立つため、元の一重まぶた(奥二重だが、ほぼ一重に近かったそうです)に戻したいとずっと思ってはいたのですが、不可能だろうとほぼあきらめていらしたそうです。

    たまたま私のブログとクリニックのサイトをご覧になり、希望をもって来院されました。

     

    他院での二重まぶた切開法後

     

    二重の幅やや広く、二重のラインと睫毛のは生え際(瞼縁)に挟まれた皮膚が腫れぼったいために、確かに自然とは言えません。

     

    他院での二重まぶた切開法後(閉眼)

     

    傷跡の食い込みも不整なラインもかなり目立ちます。

     

    修正手術の可否についてですが、結論から言うと、私が行っている脂肪移植による修正手術では、一重まぶたでも奥二重まぶたにでも戻すことができます。

    傷跡に関してですが、凹凸でへこんだ不整な瘢痕組織を切り取ってきれいに縫い直すことも一つの方法ですが、すでに他院での切開法で皮膚が切除されて余裕がない場合は、さらに皮膚を取ってしまうと足りなくなり、外反(目が閉じない)という重大な合併症が起きることがあり、慎重でなければなりません。

    私が行っている脂肪移植の目的は、二重の癒着を外した後に再癒着を防止することにあるのですが、この方のような凹みの瘢痕組織を盛り上げることが可能ため、傷跡を目立たなくさせることも実はできるのです。この方は瘢痕組織の皮膚を切り取らずに、脂肪移植のみで二重の癒着を予防すると同時に瘢痕を盛り上げて目立たなくさせる方法を取りました。

    それでは手術後結果をお見せいたします。

     

    修正手術前

                        ダウン

     

    修正手術後

    本来の一重まぶたに戻っています(厳密に言うと2㎜幅の奥二重を作成しています)。

     

     

    修正手術前

                         ダウン

     

    修正手術後

    傷跡(瘢痕)がかなり目立たなくなりました。

     

     

    修正手術前

                        ダウン

     

    修正手術後

     

     

    修正手術前

                       ダウン

     

    修正手術後

    傷跡は明らかに薄くなっています。

     

     

    修正手術前

                       ダウン

     

    修正手術後

     

     

    修正手術前

                        ダウン

     

    修正手術後

     

     

    二重まぶたはこちら

    http://www.keisei.ne.jp/futae

    二重まぶたの他院修正はこちら

    http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei

     

    タウン形成外科クリニック

    http://www.keisei.ne.jp/

     

     


    0 0

    第37回相談会 2017年9月18日(月曜日・祝日) 石原信浩 医師

     

    場所:札幌ACU-Y(読売北海道ビル3階) (札幌駅徒歩5分)

     

    時間:9時30分より15時までの間のお好きな時間

     

         ******************

     

    相談形式:プライバシーを考慮した個別相談 

           (女性の医療スタッフが立ち会います)

     

    担当医師:9月18日(月・祝) 石原信浩

     

    相談内容:他院でお受けになられた手術後の修正の相談

           (石原は上・下まぶた、豊胸に限ります)

           当日はご相談のみで、治療は受けられません

     

    相談料:無料

     

    予約方法:メールまたはお電話による完全予約制です

           予約をされていない方の当日の受付はできません

     

     

    お問い合わせ先:タウン形成外科クリニック

     

    電話 : 0120-107-286

       (石原の「札幌」他院術後無料相談会の件で、とお問い合わせください)

     

    e-mail : info-k@keisei.ne.jp

        (件名に「石原医師の札幌他院術後無料相談会」とお願いします)


     

     

    他院術修正の無料相談会について 

    http://www.keisei.ne.jp/shuseisenmon/osaka.html

     


    0 0

     

     

    でべそを昔から気にされていて、それを隠したい意味でもヘソピアスを開けたいというご希望があった20歳の女性です。

    しかし、どこの美容外科、形成外科のクリニックでも内臓(腸)を傷つける可能性があり危険だからと言って断られてしまったそうです。

    でへそにピアスを開けるのは危険なのでしょうか?私は大学病院や公立の総合病院での小児外科、一般外科での勤務時代から子供から成人まで数多くのでべそや臍ヘルニアの手術を手掛けてきましたが、この方のでべそは肉芽(にくげ)が瘢痕化した固い組織であり、皮下の浅い部位に腸はないので、危険なことはありません。皮膚や皮下組織が硬いので、ピアスを開けづらいことはありますが、むしろ硬くてしっかりした組織にピアスを通すことになるので、安定しやすく、決して危険な施術ではありません。

     

    施術前

                       ダウン

    施術後

     

    このように、経験ある専門医にご相談いただければ正しく安全にピアスを開けることができます。

     

    タウン形成外科クリニック

    https://www.yahoo.co.jp/

     

    ピアス・ボデイピアスについてはこちら

    http://www.keisei.ne.jp/piasu/

     


    0 0

    タウン形成外科クリニックは、8月11日(金)いわき市アリオスで開催される「フラガールズ甲子園」をスポンサーとして応援しています。

    皆さんも、ぜひ足を運んでみて下さい!                      

     

    http://www.hula-girls.net/

     

     

    タウン形成外科クリニック

    https://www.yahoo.co.jp

     

     


    0 0

    メソセラピーとは元来、ニキビ、関節炎やスポーツ後の外傷後の治療として皮下組織に薬剤を注射する治療の総称で、60年以上前にフランスのミシュエル・ピストール医師が始めた治療ですが、美容外科の分野では、主に痩身目的とした脂肪溶解注射として、国内でも10年以上行われてきました。

    私もすでに10年前に、痩身目的のメソセラピーに用いる薬剤であるフォスファチジルコリンの薬効を海外のあらゆる医学文献を調べ、実際の臨床経験に活かしたものを医学論文まとめて、2008年の日本美容外科学会誌(第44巻5,6号 2008年1月)に掲載されています。

     

    脂肪吸引をすることなく、メソセラピーで顔の脂肪を減らし、さらにえら(下顎)付近の咬筋をボトックスで小さくして、効果的に小顔にする治療をこの10年間、数多く行ってきました。

     

    この患者さんは30代後半で、頬のメソセラピーを1か月間隔で2回注射し、ボトックスを1度注射しただけで、このようにすっきりとした小顔にすることができました。

     

    治療前

                      ダウン

    治療後

     

    治療前

                       ダウン

    治療後

     

    治療前

                      ダウン

    治療後

     

    さらに、頬のたるみをサーマクールで引き締めるとより若々しくなると思います

     

    タウン形成外科クリニック

    http://www.keisei.ne.jp/

     

    メソセラピーについてはこちら

    http://www.keisei.ne.jp/meso/

     

    ボトックスについてはこちら

    http://www.keisei.ne.jp/botox/

     

     

     

     

     


    0 0

    あごが小さい、足りない、といった悩みに対して、手術ではシリコン製のプロテーゼを入れますが、手術以外の方法ではヒアルロン酸を注入します。

    手術に抵抗のある方や、手術を受けたいがダウンタイムが気になる方、また、手術を考えているがまずはお試しにやってみたい方にお勧めです。

    ポイントは鼻の先端と唇と1本結んだ線があごの先端とつながるライン(Eライン)を作ることです。ただし、あごが極端に小さい方や、歯茎が全体に前に出ている方などは無理してEラインにこだわってヒアルロン酸を入れすぎないことも重要です。

    ヒアルロン酸の注入は、鼻の先端もそうですが、量が多すぎると先が尖るのではなく、横に広がるように膨らんでしまい、かえってきれいな形ができないので注意が必要です。あごに入れるヒアルロン酸の注入量の目安は控えめで0.5mlから多い方で1.5mlくらいが適量だと思います。

    ちなみに当院では厚生労働省により国内で唯一正式に認可されているヒアルロン酸であるジュビダーム・ビスタを使用しています。

     

    症例1

     

     

    施術前

                       ダウン 

     

    施術後

     

     

    症例2

    施術前

     

                       ダウン

     

    施術後

     

    症例3施術前

                       ダウン

     

    施術後

     

    タウン形成外科クリニック

    http://www.keisei.ne.jp/

     

    ヒアルロン酸についてはこちら

    http://www.keisei.ne.jp/hyaluron/

     

    輪郭形成についてはこちら

    http://www.keisei.ne.jp/rinkaku/

     

     


    0 0
  • 09/05/17--05:06: Instagram始めました
  • タウン形成外科クリニックでは、インスタグラムを始めました。

    お得な情報も順次アップしていきますので、ぜひフォロワー登録お願いいたします。

    @town_clinic(全国共通) 

    @town_clinic_iwaki(いわき専用)

     

    タウン形成外科クリニック

    http://www.keisei.ne.jp/

     


    0 0

    ご出産経験が二度ある30代前半の女性です。出産、授乳をご経験され、バストの大きさの左右差と乳頭が大きくなってしまったのを気にされていました。

     

    NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat63/post-37.html

     

    左右差を改善すべく、インプラントは左により大きいものを選択しました。いつものように硬膜外麻酔で行うことで手術中に鏡で見ていただき、サイズと形を十分に納得していただけるようにしています。

    右に240ml、左に220mlのEUROSILICONE社製のコヒーシブシリコンを使用しました。

     

    NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat63/post-38.html

     

    さらに乳頭縮小手術も左右のバランスを整えながら行いました。

     

    NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat61/post-39.html

     

     

    私どものクリニックの豊胸術のページです。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp/bust/

     

    乳頭縮小のページです。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp/bust/bast-ope.html

     

    タウン形成外科クリニック

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    0 0
  • 10/05/17--19:55: 耳たぶピアス
  • 意外とご存知のない方が多くいらっしゃるのですが、ピアスの穴あけは医療行為に当たります。必ず安心な医療機関でお受けになってください。

     

    最初にあけるピアスをファーストピアスと言いますが、ピアスホール(穴)が安定するまでの約1か月間着けておいたままにする必要があります。せっかくですからオシャレなものを着けたいですよね。

    当院ではファーストピアスの色や形はもちろん、耳たぶの厚い方や金属アレルギーの方のためのものなど様々な種類のものを用意しています。

    当院で行った耳たぶのピアスのここ最近の症例(モニターの方々)を集めてみました。

     

    29歳 女性 耳たぶピアス

     

    37歳 女性 耳たぶピアス

     

    52歳 女性 耳たぶピアス

    50代での初めてのピアスです!

     

    27歳 女性 耳たぶピアス

     

    私どものクリニックのピアス・ボディピアスのページです。

    http://www.keisei.ne.jp/piasu/

     

    タウン形成外科クリニック


    0 0

    痩身目的の代表的な治療に脂肪吸引があります。最近では、メソセラピーやBNLSなどの脂肪を減らす溶解注射がさかんに行われるようになってきましたが、薬の効果次第である不確実な部分がある注射療法に比べて、確実に脂肪を吸い出してしまう脂肪吸引は美容“外科”医である私にとって自信を持って薦められる治療です。

    私は美容外科を専門にして22年経過していますが、その22年間、脂肪吸引を本当に数多く手掛けてきました。初期のころの学会発表や医学論文では脂肪吸引をテーマにしたものが多かったこともその時代に脂肪吸引手術が安全に確立された時期とも重なります。

    それでは、10年以上前の脂肪吸引の症例をご紹介します。写真がアナログカメラで撮影しているのも時代を感じさせますが(笑)。

     

    26歳女性 頬の脂肪吸引

    さらにシャープな印象を与えるために鼻とあごのシリコンの手術を行っています。

     

    29歳女性 腹部の脂肪吸引

    くびれにこだわってボディデザインをしました。補整下着の跡がうっすらと見えますが、アフターケアとして大切なものです。

     

    23歳女性 太もも脂肪吸引

    脚の脂肪吸引は、どれだけ細くするかというより、どれだけきれいに見せるかだと思います。

     

    私どものクリニックの脂肪吸引のページです

    http://www.keisei.ne.jp/soushin/

     

    タウン形成外科クリニック

    http://www.keisei.ne.jp/soushin/