Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。

older | 1 | (Page 2) | 3 | 4 | .... | 7 | newer

    0 0

     ご自分は一重まぶたではなく、なんとなくまぶたにラインがあるのだけど、はっきりとした二重とは言えない・・・。こういう方も結構多くいます。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~


     この方の希望は、元からある薄い二重まぶたをはっきりとさせたい、並行型にしたいということです。

     ポイントは、一見すると二重まぶたのようでも、ラインがはっきりくい込んでいないこと、まつ毛の生え際が隠れてしまっているほどの皮膚のかぶりです。このような方の場合、埋没法ではまず無理です。埋没法はあくまで仮止め法です。きちんと切開し、皮膚のかぶりをわずかに切除し、ラインをしっかりくい込ませること、並行型にするために目頭側のラインをはっきり出すことが必要です。

     術後写真をお見せします。

    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~


                ダウン


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~


     埋没法は一般的なイメージとして、切らない、簡単、腫れないなどの理由で受けやすい手術とされていますが、実は理想の二重まぶたをきちんと作るのは意外と難しいものです。止める位置や結び方を変えたり、糸の数を増やしてもそれは大きな違いはありません。  

     元のまぶたが厚い、アイプチなどでも二重になりにくい、希望がかなり幅広である場合でも、美容外科のカウンセリングで埋没法で絶対に大丈夫と言われた場合などは、もう一度考えてみる必要があります。

     ためらわずにセカンドオピニオンを受けてみてください。

     確かな技術のある美容外科のドクターほど、二重まぶた手術には切開法を行うことが多いようです。  



    私どものクリニックの二重まぶた手術のページです。

    二重まぶた(PC)http://www.keisei.ne.jp/futae/

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/futae.html




    0 0
  • 02/25/13--21:21: PR: The All-New Volvo V40
  • 先行予約受付中。今なら素敵な先行予約特典プレゼント。

    0 0

    でべそというのは子供と大人の場合で違います。

     子供のでべそは、生まれて臍帯が脱落した後に、お腹の中(腹腔)と外との交通が完全に閉じなかった場合に、腸などが皮膚を通して飛び出している状態で、臍ヘルニアといいます。乳児期にみられても、90%は3歳くらいまでに自然と治りますが、治らない場合は手術になります。

     大人の場合、腸が飛び出すような状態のまま放っておかれることはないはずなので、子供のようなでべそはまず見られませんが、臍帯が脱落した後に固い瘢痕組織が外側に盛り上がったままになることがあり、これは臍突出症といいます。治さなくても何ら問題はありませんが、見た目の上のコンプレックスになることがあります。

     
    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-へそ1



    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-へそ1横

    この患者さんは40代後半の方で、子供のころからのでべそを治したいとのことでした。この方の場合は臍突出症です。

     余っている皮膚と、固い瘢痕組織を取り除き、腹腔との交通の穴(臍輪)がやや大きかったので、それを腹直筋同士を縫い合わせるように閉じました。


    それでは術後写真(画像)をお見せします。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-へそ1

    術前
                ダウン
    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-へそ2術後
    術後



    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-へそ1横

    術後

                ダウン
    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-へそ2横術後
    術後


    私どものクリニックのさまざまな身体の手術のページです。

    (PC)http://keisei.ne.jp/body/





    0 0

     下眼瞼下制術(たれ目にする手術)は、日本国内で比較的新しく考案された手術です。海外の医学論文でも認められた手術法ですが、この手術が、それぞれの患者さんにふさわしいかどうかの適応の判断が難しく、また、手術手技もまだ十分に確立されてないことから、手術結果が思わしくないことも多いようです。

     この方は、他院で下眼瞼下制術を受けて、きつい吊り目をたれ目気味にしてもらいたかったそうですが、下まぶたの縁が下がりすぎてしまい、さらに皮膚も多く取られたために、あっかんべーの外反(兎眼)が起きてしまっています。若い方で下まぶたの皮膚を切除するというのはとてもリスクが高いことです。吊り目は解消されたといっても、これでは困ります。やはりドライアイにも悩まされています。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~

    下まぶたが外反(あっかんベーの状態)になっています。

    この方の場合も、私が得意とする上眼瞼の皮膚を下眼瞼への植皮する手術を行いました。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~

     手術後1週間では、植皮した皮膚がまだ赤く、腫れのために外反があまり改善されていないようにも見えます。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~


     手術後3カ月目の経過では、植皮の皮膚は周りの皮膚となじんで、まったくわかりません。下まぶたの外反(兎眼)はきれいに改善されています。(写真を拡大してみてください)

     皮膚を取った上まぶたも全く不自然にはなっていません。ご本人も大変満足のようです。



    私どものクリニックの二重まぶた手術のページです。

    二重まぶた(PC)http://www.keisei.ne.jp/futae/

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/futae.html

    二重まぶたの修正ページはこちら。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp/futae/menoshusei.html




    0 0

     50代の方でも豊胸手術を受けられる方は少なくないと以前にもこのブログで書きました。突然、バストが大きくなっても恥ずかしい・・・というお考えがあるのか、控えめなサイズを望まれる方が多いようです。

     この患者さんは結婚、出産前はかなりバストにボリュームがあったそうで、ウエストもくびれて、とてもプロポーションの良い方です。昔のような大きくて張りのあるバストにしたいというご希望です。

     確かにバストはしぼんでやや垂れてしまっていますが、50代とはいえ、とても肌に張りがあり、それなりに大きくしても十分自然できれいになると考えました。ご本人の希望を聞きながら、術中確認で大きめの260mlのシリコンを選択しました。

    それでは術前術後の症例写真(画像)をお見せいたします。


    NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat63/post-14.html


    私どものクリニックの豊胸術のページです。

    (PC)http://www.coffers.jp/

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/houkyou.html


    0 0

     フォトフェイシャル治療が本格的に国内でも行われるようになって、かれこれ10年になると思います。

     次から次へと新しい美容治療の医療器械が開発されて売り出される中、流行だけで消えていく治療法や器械も数多くあります。

     そのなかで、フォトフェイシャルは確実に定着している治療です。

     この利点は、レーザーによる“熱治療”と違って、フォトフェイシャルは“光治療”であり、治療直後に絆創膏やテープなどを貼らずに、すぐにお化粧して帰ることができるノーダウンタイム(回復して社会復帰できるまでの時間がない)であるのが特長です。

     

     頬を中心としたしみ治療の患者さんの症例をお見せします。

     約1か月半おきに合計8回のフォトフェイシャルと、自宅でビタミンCクリームとローションの併用をしていただきました。


     
    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~
    治療前


                ダウン


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~

    治療後


    頬全体のしみと、ほくろまで色素が薄くなっているのがわかります。


    私どものしみ治療を中心としたスキンケアのページです。

    (PC)http://keisei.ne.jp/skin/

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/skincare.



    0 0

     背中から腰までの脂肪吸引を行い、ウエストのくびれをきれいに作りました。

     
    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~

    術前

                ダウン


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~
    術後


    術後にボディースーツできちんと締めることで、吸引した分は確実に細くなります。


    私どものクリニックの脂肪吸引術のページです。

     (PC)http://www.keisei.ne.jp/soushin/

     (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/soushin.html


    0 0

     

    今回のブログも、他院で行った二重まぶたの切開法の修正です。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック-二重まぶた他院修正3

     左右差をとても気にしています。(写真を拡大してみてください)

     右は希望して切開してもらった二重まぶたのラインが薄くなってしまい、その上に幅の広いラインがうっすらと出てきてしまっています。

     左はほぼ希望通りのラインなのですが、よく見るとまつ毛の生え際が隠れるように皮膚がかぶっています。やや腫れぼったい二重まぶたです。これもできれば直したいとのことでした。


     修正手術では、まず右の幅を狭くラインを作成します。幅が広く出てしまっているラインは、薄いのでそれほど癒着は強くないと思われますが、確実に癒着は外します。

     左は二重の幅はそのままでという希望なので、まつ毛の生え際にかぶっている皮膚をわずか0.5mmほど切除し、皮下組織や脂肪を取って、すっきりとさせます。


     それでは術後3カ月の写真です。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック-二重まぶた他院修正3術後

     左右の二重まぶたの幅がほぼ合っています。(写真を拡大してみてください)

     右は、広い幅のラインがなくなり、本来の希望の二重まぶたのラインになっています。

     左は、一見すると変わっていないように見えます。二重まぶたの幅は同じですが、まつ毛の生え際にかぶった皮膚がすっきりとして、目がさらにぱっちりとなりました。とても満足されました。


    私どものクリニックの二重まぶた手術のページです。

    二重まぶた(PC)http://www.keisei.ne.jp/futae/

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/futae.html

    二重まぶたの修正ページはこちら。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp/futae/menoshusei.html

     

    タウン形成外科クリニック





    0 0

    毎月9日にクイックペイを利用すると、抽選でキャッシュバック!

    0 0
  • 08/13/13--20:52: 明日から夏休み
  • 明日から少し夏休みをいただきます。

    他のドクターの診療はありますから、クリニックはオープンしております。

    また元気を取り戻してきて診療に励みたいと思います。 

    ・・・といっても、休暇中は、いつもクリニックからの電話やメール攻撃で、完全には休めないのですが…。


    私どものクリニックのページです。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i

     

    タウン形成外科クリニック


    0 0

     昨日、表参道院で韓国外交通商部(他国の外務省に相当)が運営する公営雑誌「ダイナミックコリア (Dynamic Korea)」の取材を受けました。雑誌の内容は経済、文化などを中心に韓国内外のトピックスを真面目にわかりやすく取り上げていて、韓国語はもちろん、英語、日本語の記事もあります。日本国内でも1000円で買えるそうです。取材の内容は、当院がインターナショナルクリニックとして、韓国からの患者さんも多く受け入れていることから、クリニックとしての特色や、医師としての信条、日本と韓国の美容外科事情の違いなどについてでした。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック


    私どものクリニックのページです。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i


    0 0

    災害に対する事前の備えやその対処法等、来るべき大災害に生き残るための方法をご紹介

    0 0



    数年前に他院で豊胸手術を受けられた方です。ご覧ください。


    NEWhttp://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-15.html


    一見してシリコンの形がわかります。やせている体型というのもありますが、特に目立つ原因としては、被膜拘縮の硬さはそれほど強くないのですが、スペースが狭くてシリコンの動きがよくないことによるものでしょう。また、シリコンの位置も左右とも下がり気味で、そのために乳頭の位置が上に偏位していて不自然です。

    残念ながら、抜去せざるをえず、再度の入れ替えは希望されないとのことです。

    それでは術後3か月もご覧ください。


    NEWhttp://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-16.html


    シリコンを抜去することで元のバストに戻りました。


    取り出したシリコンをお見せします。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック-他院豊胸8-3シリコン抜去


    アメリカのMaghan社のもので、良い品質のシリコンです。破損もありません。

    ただし、よく見ると、シリコンの表面に白い膜のようなものが付着しているのが見えると思います。その一部を剥がして、脱脂綿の上に乗せてあります。これは、シリコンの周囲にできる被膜の中にさらにもう一つの被膜ができるもので、海外の文献でも報告されているDouble capusleという状態です。豊胸術後に正常の被膜ができる過程で、被膜内に一時的に漿液(しょうえき)が溜まる(seroma)ことでできるもので、深刻な問題をきたすものではありませんが、シリコンの動きは少し悪くなります.。

    この状態を起こさないために、豊胸手術時に出血を最小限に、余計な組織を傷つけず、正確にしかもなるべく迅速に手術を終わらせることが予防になります。


    私どものクリニックの豊胸他院修正術のページです。

    (PC)http://www.coffers.jp/2.html

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/2.html

     

    タウン形成外科クリニック




    0 0
  • 09/17/13--18:39: 表彰を受けました
  •  韓国外交通商部(日本の外務省に相当)が運営する公営雑誌である「ダイナミックコリア (Dynamic Korea)」の取材を受けたとブログで報告いたしましたが、関連新聞社である韓国日報より、先週の金曜日に表参道院で表彰を受けました。

    新聞社が選んだ“誇らしい世界人”だそうです。

    受賞の理由としては、私が長年にわたって、美容外科の他院修正手術(やり直し手術)を多く手掛けており、特に韓国人をはじめとして世界各国の患者さんを受け入れている実績を評価してくださったようです。

    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック-韓国日報表彰1

    HANKOOK ILBO 2013 “The Best World Awards” 


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック-韓国日報表彰2

    何やら大変恐縮ですが、ありがたくいただきました。


    私どものクリニックのページです。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i


    0 0

    いよいよ青森市内中心地に開院しました。

    よろしくお願いいたします。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック
    新町通り沿いです。アセントビルの3階です。


    日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック

    ちょっとゴージャスな入口です。

     


    私どものクリニックのページです。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i


    0 0

     私は美容外科の他院修正手術を多く手掛けています。ブログや学会でもいろいろな症例について情報発信を続けているので、全国の患者さんから修正手術のご依頼を受けます。

     しかし、患者さんが再手術の結果に対して希望する水準があまりにも高く、患者さんの理想に到底近づけられないと判断したらお引き受けしないこともあります。安請け合いは患者さんをまずます不幸にしてしまいます。修正手術をやるべきかどうかをプロとして的確に判断することが大切です。手術や医療には限界があるのです。

     よく世間で言われる“神の手”や“天才外科医”などというものは心臓外科医や脳外科医でも、そして美容外科医でも決して存在しないと思っています(苦笑)。

     美容整形をテーマにした小説やテレビドラマのように、絶世の美人を生み出すことができると思っている一般の方もいらっしゃるようですが、医者は魔術師ではありません。また、コンピュータグラフィックスみたいに、ここを大きくして、そこを小さくして、目は芸能人の誰々似に合わせて、口は誰々似にする、などが可能だというのは残念ながら幻想です。 

     皮膚表面にある流れのようなしわ、骨格の形、皮膚や筋肉の厚みも性質もひとそれぞれ違いますから、元々の顔や目の形を生かしてしか美容外科手術はできません。そこを理解していただくことが必要だと考えています。


    私の学会活動、医学論文、経歴などについてです。ご覧ください。

    (PC)http://www.keisei.ne.jp/doctor.html

        http://www.keisei.ne.jp/anzen.html

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/doctor/index.html

    タウン形成外科クリニック


    0 0

    今回は、日本の林業の現状や日本の資源である国産木材の効果的な利用について解説!

    0 0

     30代後半の方です。やや大きめを希望していて、乳腺下に200mlのコヒーシブシリコンを挿入しました。

    大きくてもバランスよく自然なバストになりました。

    それでは術前術後の症例写真(画像)をお見せします。


    NEW  http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat63/200ml.html



    私どものクリニックの豊胸術のページです。

    (PC)http://www.coffers.jp/

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/houkyou.html

     

    タウン形成外科クリニック


    0 0

    カスペルスキーの2014年版が発売。最大20%OFFキャンペーン実施中!

    0 0

     20代前半の豊胸希望の方です。

     やせ形ですが、なるべく大きめのバストを希望しております。この方のバストの特長は、乳輪の位置がバストの中央よりやや外側にあることです。また、乳輪からバストの下縁までの距離もやや短いです。術前の写真には、バストよりかなり下の位置にブラジャーの下着の後が強く残っていますが、このあたりが理想のバストの位置です。要するに、バストの下側と右側のボリュームが不足しています。

     これらの点を十分考慮して豊胸手術を行いました。手術中にご本人に鏡で確認していただいたのはもちろんのことです。


    NEW  http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat63/post-17.html


    術後は3か月目の写真です。大変満足のご様子でした。


    私どものクリニックの豊胸術のページです。

    (PC)http://www.coffers.jp/

    (モバイル)http://keisei.ne.jp/i/houkyou.html

     

    タウン形成外科クリニック



older | 1 | (Page 2) | 3 | 4 | .... | 7 | newer